人生、あせらず楽しもう!

御覧いただきまして、ありがとうございます。今の日本人には「感謝と謙虚」が必要です。権力によってメディアコントロールされたテレビや新聞に惑わされないために自分で調べて分析する事が大切です。何事も決して周囲に押し流されてはいけません。真実は自分で見つけ出すものです。

なぜ、立命館大学への直行便の路線バスが必要なのか?

現在の立命館大学は、この広報課のツイートの写真の時代よりも、衣笠キャンパスの学生数は確実に減少しているはずです。なぜなら、滋賀県草津市大阪府茨木市に学部を移転したわけです。にも関わらず、京都市交通局は市バスの「快速立命館」を増便させ、西日本JRバスは「立命館ライナー」を新設しているのです。これは、おかしな事だと思います。市バスで大学に通うより、大学の近所に下宿すれば、勉強できる時間が増えるわけです。欧米の大学は基本的に全寮制です。

 

f:id:ilnyc:20220210182807j:plain

 

明らかに立命館大学が路線バスによる交通アクセスの改善をうたい文句にして、少子化時代に学生数を確保しようとする魂胆(営業戦略)がうかがえます。それに応える京都市交通局、どうもキナ臭さい感じがします。つまり、癒着です。つい最近にも、京都市の子ども局長の受託収賄逮捕がありました。京都市の他の局でも十分ありえる事件だと思います。なぜなら、このブログでも書きましたが、「幽霊バス」はテレビ局による密告で京都市交通局国土交通省に処罰されたのです。内部告発がなければ、今でも「幽霊バス」は走っています。京都市の職員は、国家公務員と違い、地方公務員であるため配置転換はあっても転勤がありません。癒着が発生しやすい環境にあるのです。

f:id:ilnyc:20220217095733j:plain

 

何事も市民が腑に落ちない出来事には、必ず影で悪事があるのです。学生数が多い時代に無かった大学直行便が、学生数が減少して必要になる事など考えられない話です。直行便が京都駅から50分以上もかかる長い乗車時間を半分にするのであれば、その分、立命館大学発着の他の路線を廃止するべきなのです。それなのに、廃止されていた52号系統を別の理由(口実ではなく詭弁)で復活させています。明らかに立命館大学の営業戦略に京都市交通局が呼応しているのです。言い方を変えれば、便宜を図っているのです。必ず見返りがあったと思います。

 

ここに興味深い資料があります。それは蘆山寺通で七度目の交通事故(西日本JRバスが当事者)が起きた事を書いたブログでも紹介しましたが、令和2年度の包括外部監査人による「監査結果報告書」です。ここに明確に立命館大学発着の市バス路線に対する指摘があります。にも関わらず、京都市交通局は「監査の結果を受けて講じられた措置」の中で何ひとつ改善していないのです。相変わらずイノベーションがまったく無い役所です。なんのために外部監査しているのでしょうか、意味がありません。

 

京都市:外部監査(個別・包括)

指摘されていた内容は以下の通りです。このブログで書いてきた事と同じようなことが書かれていました。

・営業所と運行路線の発着地の距離が短いほど回送も少なくなり、人件費や車両の経費等も削減できると考えられる。次の系統は、現在管轄している営業所よりも近い営業所が存在する。※つまり、回送車を遠い営業所から衣笠操車場まで走らせているのです。立命館大学発着のほとんどすべての号系統です。非常に無駄なコストです。

西賀茂営業所

12 立命館大学三条京阪前 
15 立命館大学三条京阪前 
51 立命館大学三条京阪前 
55 立命館大学四条烏丸 

九条営業所

50 立命館大学前 京都駅前 

梅津営業所

52 立命館大学四条烏丸 
M1 立命館大学前 原谷 

・JRバスの立命ライナーや立命館大学前経由で周山に運行している路線は、立命館大学前と四条烏丸を運行している 52 号系統、55 号系統や四条烏丸から高雄まで運行している8号系統と競合している。※所謂、重複路線です。非常に無駄で赤字の原因にもなります。

立命館大学前と京都駅前を運行する路線について
50 号系統は京都駅前から乗換えなしで立命館大学前まで行くことができるが、JRバス
97がその運行区間立命ライナーと高雄線の2系統で運行している。また 55 号系統の営業係数は赤字が続いている。52 号系統ないし 55 号系統の発着地である四条烏丸を京都駅前にすることで、50 号系統との統合が可能ではないだろうか。民間バスと重複・競合する路線の見直し及び地下鉄へ誘導する路線設計が必要かと考える。立命館大学への路線が多過ぎるのですそして木辻通から12号系統と59号系統を蘆山寺通に経路変更させて、特定の道路(蘆山寺通)を路線バスの過剰運行状態にしているのです

 

以上のように外部から指摘されているにも関わらず、二年経過しても京都市交通局はなんらダイヤ改正で路線の統廃合を行っていません。逆に路線を増やす事ばかりで減らす事ができない変革のない公営企業です。その結果、赤字が減らないわけです。なんの努力もしない組織は、いずれ消滅するだけです。しかし、京都市交通局ほど調べれば調べるにつれドンブリ勘定が酷い組織はありません。日本の役所は怖いです。民間企業とは雲泥の差です。何か変です。もしかすると、日本郵政と同じで、経営陣、つまり京都市長をはじめ、局長や部長クラスが悪いのではないかと思います。冒頭の収賄事件のようにです。おそらく、いびつな組織なのでしょう。