人生、あせらず楽しもう!

御覧いただきまして、ありがとうございます。今の日本人には「感謝と謙虚」が必要です。権力によってメディアコントロールされたテレビや新聞に惑わされないために自分で調べて分析する事が大切です。何事も決して周囲に押し流されてはいけません。真実は自分で見つけ出すものです。

京都市バスの運行委託先について、

ヤフー知恵袋」に京都市バスの外部運行委託先について書かれていました。それによると、京都市交通局の各営業所で市バス車両をどの民間バス会社が運行するかを分けているようです。

烏丸営業所:直営
錦林車庫:京都バス
西賀茂営業所:直営
梅津営業所:直営&西日本JRバス
九条営業所:直営&京阪バス
洛西営業所:近鉄バス
横大路営業所:阪急バス&MKバス

 

さらに、各車庫に所属する路線バスの号系統も書かれていました。※ただし、この情報は2016年1月28日のもので古いです。立命館大学のスクールバスのような快速立命館やM1、最近の52号系統などはありません。

<すべて直営>
西賀茂車庫 

1、4、9、1215、37、46、51、55、67
烏丸車庫 

特37、101、北1、北3、北8、204、206

<直営と委託が混在>
梅津車庫
直営 3、27、特27、32、100、201、M1、特205、岡崎・東山・梅小路Express
西日本JRバス 8、特8、10、11、26、59、75、80、93、特93、臨202、水族館・東山ライン

九条車庫
直営 202、快速202、205、快速205、207、208、祇園Express
京阪バス 5、6、31、50、65、71、特71

<すべて委託>
錦林車庫

京都バス 17、MN17、102、203、MN205

洛西車庫

近鉄バス 28、29、33、特33、42、70、73、78、91、特南1、四条河原町ショッピングライナー、西1、西2、臨西2、西3、特西3、MN特西3、西4、特西4、西5、臨西5、西6、西8

横大路車庫
阪急バス 13、特13、臨13、18、特18、19、20、22、43、69、81、南1、南2、特南2、南3、南5、水族館シャトル、100円循環バス
MKバス 16、84、臨南5、南8

 

これだけ詳しく書かれていると52号系統がどこの車庫に所属し、直営か委託かは高い確率で推測できます。また二条駅の西側に市バス待機場という市バスが10台とめられる駐車場があります。そこには特18号系統が止まっています。こんな事を調べるのに、いちいち時間は割く必要はなくネットで調べればすぐわかります。二条駅西口発着の市バスは特18号系統以外に18と69があります。阪急バスの委託運行です。

 

※最新の京都市バスの直営&外部運行委託先については、京都市交通局のサイトにありました。しかし、都合よく逐次変更しているようです。京都市交通局:営業所別担当系統一覧

 

なぜ、こんな事を調べるのか?それは、いまだに一部の運転手がしぶとく「ピンポン、ピンポン、ピンポン」や「ピンポン、バスにご注意ください」と近所迷惑な注意喚起音を鳴らしたり、信号無視や危険な追越しなどの無謀運転する路線バスの運転手がどこに所属しているのか、さらに西日本JRバスの車両以外でも、市バスの号系統で委託運転手かどうかを特定できるからです。おおよそ推測はついていますが、59号系統は西日本JRバスの運転手です。驚いたのは、この当時50号系統は京阪バスが委託運行していたのです。2019年に京阪バスはすべて運行委託から撤退し、直営戻しになっているようです。それで京都市交通局はバス運転手を100人ほど増やしたわけです。人件費のコスト増で赤字幅が増えます。さらに2007年3月に12号系統とM1号系統は梅津営業所に、15号系統?と55号系統は九条営業所に、それぞれ移管されています。つまり、梅津営業所は直営(公務員運転手)と西日本JRバスの運行委託です。どうりで12号系統も注意喚起音「ピンポン!」を鳴らすわけです。運転手は西日本JRバスの運転手です。さらに梅津営業所に臨時15号系統という立命館大学行きの市バスがあります。これも西日本JRバスの運行委託、なるほど15号系統も注意喚起音「ピンポン!」を鳴らすわけです。京都市交通局は、経営が厳しい西日本JRバスの路線バスに市バスの運行委託を密かに増やしているようですつまり、交通局と仲が悪い京阪バスが市バス運行委託契約をすべて撤回したことによって直営となった号系統を交通局の言いなりの西日本JRバスに運行委託させようとしているのです。これこそ、影でコソコソする日本の役所特有の習性です。「自分達より偉い者はいない!俺達が民間に仕事を割り振ってやっているんだ!だから言う事を聞け。」そういうのが運転手の態度にも出ているわけです。だから市バスの運転が粗いのです。日本の公務員特有の考え方です。社会主義国家そのものです。

 

最新情報では、M1と52号系統は梅津車庫所属の直営です。おそらく現在では12号系統も15系統も梅津車庫でしょう。梅津車庫所属の回送車なら西大路通に出ず「きぬかけ路」経由で天神川通を走ればいいわけです。それで市バスの経路分散ができ、蘆山寺通の渋滞が少しでも減るわけです。沿線住民の負担を減らすためにそんな融通が利いた事は役所は絶対にしません。彼は仕事が増えるのを嫌い、権力者の言う事なら出世がかかているので何でもします。これが日本の公務員です。そして昔にあった「幽霊バス」と呼ばれるヤミ専従執行役員ダイヤであった立命館大学行き特202(快速202)号系統は九条車庫所属です。快速立命館(市バス車両)と立命館ライナー(西日本JRバス車両)の運転手はどちらも西日本JRバス 京都営業所(南区吉祥院)と思っていましたが違うようです。しかし、いずれは立命館コースは西日本JRバスの運転手になるでしょう。このような事が明確にわかってくるわけです。

 

路線バス会社によって、運転の仕方に特長があります。これは日本人と同じで県民性があるのです。海外の人ではわからない、日本人だとその違いがよくわかります。その微かな違いを感じ取る事によって、現在起きている事を分析できるのです。直営の市バス運転手に逮捕者が多い事や西日本JRバスの運転手がマイクで罵倒したり運転中に携帯電話を使用するニュースなど、その組織の特性がよく出ています。この西日本JRバスの運行姿勢が今の注意喚起音使用にもよく表れていることが理解できます。原因は国鉄の社会への横柄な態度です。わざとノロノロ運転したり、排気ガスをまき散らしエンジン音をやかましくするためにアクセルを踏み込んで加速したりしているのです。企業文化というものは、なかなか消えません。観察するとほんとうによくわかります。悪い癖は直らないのです。昔の京都市環境局の職員や市バス運転手に逮捕者が多い原因については、あえて書きませんが京都の皆さんはよくご存じだと思います。

 

人間というものは、路線バスの運転手に限らず、所属する組織や宗教あるいは外国に洗脳されると右も左も何もわからなくなります。特に日本人というのは村社会であるため、よく洗脳されます。いかに洗脳されない自分を確立するかがとても大事です。洗脳されなくなると世の中が透き通って見え、物事の関連性がよくわかります。京都市環境政策局の軽トラのゴミ収集車の運転手が近所迷惑も省みず、いまだに信号待ちの右左折時に音声注意喚起音を大きな音で流すこともです。今も日本は国ではなく「村社会」なのです。観察するとよくわかります。世界で住所に町名があるのは日本ぐらいで町内会なんて古い時代の名残です。日本には市民という人間はいないのです、いるのは「村民」という村人だけなのです。これは日本人の行動を理解する上で、すべてのキーポイントになります。ウィキペディアを是非お読みください。

ja.wikipedia.org