人生、あせらず楽しもう!

御覧いただきまして、ありがとうございます。今の日本人には「感謝と謙虚」が必要です。権力によってメディアコントロールされたテレビや新聞に惑わされないために自分で調べて分析する事が大切です。何事も決して周囲に押し流されてはいけません。真実は自分で見つけ出すものです。

なぜ、京都市バスに交通事故が多いのか?

f:id:ilnyc:20210519225131j:plain

 

f:id:ilnyc:20210519225103j:plain

 

このふたつの交通事故は今年起きたものです。これ以外にも1月に京都市バス四条河原町交差点で衝突事故を起こしています。これらの原因は何なのでしょうか?

 

それは、市バスが京都市内を過剰運行しているからです。要するに走り過ぎなのです。

 

京都市内の道路、特にメインストリート(片側二車線以上の大通り)をじっくり観察して見てください。ひっきりなしに市バスが走っています。見ていると恐ろしい光景です。まるで路線バスの天国のような街です。信用金庫だらけの京都の街と同じです。過剰営業、過剰サービス、いずれ淘汰されます。増え過ぎたものは、いずれ減ります。人口や株価と同じで、バランスを失うからです。

 

過剰運行は、運転手の過労につながります。過労による視力と反射神経の低下やストレスは、判断力の低下を引き起こします。朝早くから夜遅くまで、同じルートを何回も何回も飽きるほど運転し続けると、咄嗟の判断力が落ちます。バスの運転手は、トラックの運転手のように荷物の積み降ろしがありません。運転席に座り続けていると、体の血流が鈍り、意識が薄らぎ、判断力を落とすのです。赤信号でも交差点に進入したりするわけです。市バスが赤信号で交差点を横切っているのをよく見ます。こんな基本的な交通ルールも守れなくなるのです。気の緩みです。黄色は「止まれ」です。事故が起きてからでは遅いのです。

 

人間には、ヒューマンエラー(human error)という、うっかりミスがあります。ヒューマンエラーは無くすことはできません。人間は機械ではないからです。このことを日本社会は、まだ理解していないようです。日本は、ヒューマンエラーを前提に仕組みをつくる事に疎い国です。なぜなら、島国の日本は大昔から集団社会主義なので「性善説」です。つまり、日本語をしゃべる日本人同士は、相手を家族のようにすぐ信用し、疑うことを知りません。相手を尊重せず、誰もが同じで何事も出来て当たり前という考え方です。「人は間違わない」という意識が強いのです。

 

ヒューマンエラー対策は、日本の交差点の信号機のように「全赤」にするようなファジーシステムとは違います。交通ルール(法律)を緩めると守らない人間が増えていきます。日本のドライバーは「赤信号」でも止まらずに平気で無視する人が非常に多いのです。なぜなら、三秒間の「全赤」信号機だからです。米国で信号を無視すると必ず衝突事故になります。なぜなら、反対側の信号機はすぐに緑(日本ではなぜか青と言います)になるからです。昔の日本もそうでしたが、いつのまにか事故を減らすために警察が緩和したのです。

 

話を元に戻し、京都市交通局は観光客や大学の利便性を追求する余り、京都市内は市バスだらけです。おかげで京都市の財政は大赤字です。京都市交通局は、市バスの路線数を増やし、便数を増やして、地下鉄部門の返済不可能な借金を返済しようと必死です。そしてクルマやバイクは、増え過ぎた市バスを追い越そうとします。そこで事故につながるのです。昔、京都市内の道路に市電が走っていた頃、ドライバーは市電が運転の邪魔でウンザリしていました。現在は路線バスの過剰運行で市バスがドライバーにとって邪魔なのです。

 

京都市交通局は混雑対策と定時運行を理由に、そして市バスが観光客との接触事故を起こさないために、金閣寺永観堂の周辺を通行しないように経路変更しましたが、その分だけ市バスの路線が特定の道路に集中し過剰運行となり、クルマやバイク、自転車、歩行者と交通事故を起こしやすくしているのです。前回のブログで「蘆山寺通」に市バスが5台も連続で走行したりするのも、これが原因です。京都市交通局特定の道路に路線バスを集中するような経路変更をした結果、交通事故が増えたのです。観光公害や大学公害は路線バスによる公害なのです。路線バスが増えれば増えるほど、その道路は物理的に危険になります。

 

京都市バスは、京都市の財政が逼迫している時にこそ、運行経路や路線数の見直しなど抜本的な削減を行うべきなのです。現状のままでは八方塞がりです。本来ならば、完全民営化(株式会社)するか。民間バス会社に京都市内の路線をすべて委ねないといけない程のレベルなのです。民間バス会社への運行委託(運転手の人材派遣)が「市バス民営化」と役所や議員は言っていますが、それは違います。なぜなら、市バス車両の管理と運営は京都市交通局がしているからです。

 

コロナ禍で日本の航空会社が数千億円もの追加融資を金融機関に要請していますが、欧米の航空会社は世界が元の状態に戻るには、2024年までは無理と予測しています。それまで、果たして京都市の財政は持つのでしょうか?税金の無駄遣いが多い京都市交通局はサービスの縮小(ダウンサイジング)なしには、事業継続は難しいと思います。これは京都市の財政にも、もちろん言えます。京都市は現状の行政サービスを市民に提供することは今後非常に難しいと思います。財政は無限大ではありません。民間バス会社に市バスの運行委託をしていると、莫大なお金(税金)が消えていきます。