人生、あせらず楽しもう!

御覧いただきまして、ありがとうございます。今の日本人には「感謝と謙虚」が必要です。権力によってメディアコントロールされたテレビや新聞に惑わされないために自分で調べて分析する事が大切です。何事も決して周囲に押し流されてはいけません。真実は自分で見つけ出すものです。

なぜ、京都市バスは「馬代通」を通行したくないのか?1

京都市交通局金閣寺前の交通渋滞を回避するために市バス12号系統や59号系統などを「木辻通」ではなく「蘆山寺通」へ通行するようにしましたが、実はJRバスは市バスより数年前にこれを実行していました。その理由は、渋滞で定時運行ができないからでしょう。本当にこれが理由なのかどうかは不確かです。

 

コロナ禍では「木辻通」を走る観光バスもタクシーもほとんどありません。しかし、今まで観光バスや路線バスが「木辻通」を大量に通行していたために、道路が擦り減りガタガタになっているところがあります。それは今も修復されていません。

 

周囲の住民も無関心、京都市交通局京都市建設局の土木事務所も無関心です。もちろん、金閣寺もです。役所は市民からの陳情が無い限り、自発的に道路舗装工事をしないのです。今なら観光客もいないので、道路舗装工事をするには絶好のチャンスですが、誰も行動を起こしません。なんと無関心な沿線住民なのでしょうか。

 

f:id:ilnyc:20210119110700j:plain

  

なぜ、京都市交通局は市バスを「馬代通」に通行させたくないのでしょうか?

これについては、以前のブログでも書きましたが、「馬代通」が「京都マラソン」のコースになったからなのでしょうか。「京都マラソン」が開催される前に、ランナーが金閣寺前の「木辻通」を走るのか、それとも「蘆山寺通」を走るのか、気になっていました。なぜなら、ただでさえも市バスが山盛り通行する「蘆山寺通」にランナーが何万人のランナーが走れば、道路はさらに傷み悪化するばかりです。結局、予想外に「馬代通」から「小松原通」そして平野神社の前の交差点を北上するという迂回コースになりました。これも、何らかの力が働いた結果だと思います。北大路に向かうには「木辻通」が一番の近道なのです。おそらく金閣寺京都市に言ったのだと思います。金閣寺前が騒がしくなるのは困ると。

 

ラソンコースが決定した後、京都市衣笠山沿いの「きぬかけの路」や「馬代通」「小松原通」の道路状態を入念に確認して修繕していました。交差点の歩道を新しく作り直したりもしていました。何度もブログに書きますが、マラソンコースに決まる前は、道路が陥没していようが、ヒビ割れがあろうが、歩道が崩れていようが、京都市建設局も京都市交通局も見向きもしませんでした。上からの鶴の一声で変わりました。その変わり様には本当に驚かされます。これが京都市のスポットライト行政です。見栄えがする所を優先するのです。日本型社会主義です。

 

以前、「蘆山寺通」の道路修繕工事を陳情した時、現場に来た耳にピアスをした京都市職員の男性が「舗装し直しても、また舗装せんとダメですよ」と、いかにも面倒臭そうに言われたことがあります。公務員特有の仕事を増やしたくない症候群です。住民がなぜ連絡したのか、その真意を汲み取っていないのです。道路がガタガタで夜も眠れない程で市バスやトラックが通過する度に家が振動するから陳情したのです。

 

しかし、このマラソンコースの決定でも、いろいろあったように思います。普通に考えると「きぬかけの路」をまっすぐ走るコースになると誰もが思います。金閣寺の前から「西大路通」に出るコースです。おそらく、金閣寺の利害が京都市に関与したと思います。金閣寺の高僧が「観光客がたくさん来る金閣寺の前の道路をマラソンコースにするな」と言ったはずです。なぜなら、マラソンが開催されている時間帯は道路が封鎖され通行禁止となり、金閣寺に来る観光客が困るからです。困るというよりも、拝観する観光客がひとりでも減れば、金閣寺の収益が減るからでしょ。

 

市バスの経路変更にしても、マラソンコースの選定にしても、金閣寺の言い分がかなり影響しているように思います。なぜ、京都市交通局京都市金閣寺の我がままを聞く必要があるのでしょうか?これは金閣寺、つまり相国寺足利将軍家鹿苑寺-金閣寺慈照寺-銀閣寺 )の権威があるからです。特に京都市は政治が宗教に歯向かえない状態が今も続いているのです。古都税反対の拝観停止問題の時からです。それ以来、宗教が政治を利用するようになったのです。

 

どこの役所も利害が関係することには敏感で真っ先に対処しますが、庶民が関わる事は無関心で後回しです。どうでもいいのです。また、選挙結果に影響する事を優先する市会議員しかいません。市民のためにというのは美辞麗句です。

 

以前、法務局に後見人の手続きをしに行った時、参考資料を一枚コピーして欲しいと言ったら、若くて何も知らなさそうで偉そぶった係官が「国民の血税は1円たりとも無駄にできません」と断られました。こちらが困って相談に来ているのに、何という態度かと思いました。それ以来、公務員、政府(お上)というのは、いざという時に当てにならないと確信しました。彼らは、自分の保身(出世)と蓄財にしか興味がなく、市民をバカにし、市民には関心がないのです。国民は税金を納める家畜だと思っているのです。「そんなに血税を無駄にしたくないのなら、公務員の厚遇を止めればいいではありませんか!」と言いたかったです

  

昔、公立高校の教師の知合いが、選挙前に私のところに来て、公明党の立候補者に投票してくれるよう粘り強くお願いに来ました。そこで「公務員が選挙活動をして良いのか?教師という立場でこのような活動をして良いのか?」と逆に詰問した後は来なくなりましたが、他でしていると思います。このように公務員という立場でも、創価学会への熱心な活動は、今も日常茶飯事だと思います。本当にしぶとい勧誘でした。

  

話は元に戻し、なぜ「馬代通」に京都市バスがもっと通行しないのか?京都市交通局は、なぜ市バスを「馬代通」に通行させたくないのか?必ず真実があるはずです。

 

これは京都市から京都市交通局へ「京都マラソン」のコースの道路保全を言われているようにも思います。あまり市バスを「馬代通」に通行させるなと。確かに「馬代通」は市バスの51号系統や急行102号系統、快速205号系統(快速立命館の復路)などが通行していますが、その本数は極めて少ないです。市バスが「馬代通」を通行しているのは、めったに見たことがありません。乗用車もほとんど走っていないガラガラの道路です。道路舗装面も綺麗な状態です。

 

以前、「馬代通」から「小松原通」を曲がる角に電柱が道路側に傾いていたことがありました。これも「小松原通」がマラソンコースに決まった後かどうかはよく覚えていませんが、その三差路の道路幅や歩道が作り直されていました。これは、市バスの運行ルートになったからなのでしょう。市バスが曲がれるように道路を改良したのです。

 

いづれにせよ、市バスの「蘆山寺通」集中運行、山盛り通行を止めさせるためには住民が立ち上がらないといけません京都市交通局は借金(莫大な地下鉄の有利子負債)を返済しないといけないので、売上(旅客収入)を上げることに必死です。道路保全や沿線住民の住環境への悪影響などまったく眼中にありません。京都市交通局にとって「蘆山寺通」という道路は、京都市のものであって市民のものではない。だから、どこを市バスが走ろうが、どう使おうが問題はないと考えているのです。市民をバカにしているのです。環境基本法憲法十三条もあったものではありません。これでも民主主義国家なのでしょうか。日本は役所の好き勝手が通用する社会主義国なのです。何かおかしいです。