人生、あせらず楽しもう!

御覧いただきまして、ありがとうございます。今の日本人には「感謝と謙虚」が必要です。権力によってメディアコントロールされたテレビや新聞に惑わされないために自分で調べて分析する事が大切です。何事も決して周囲に押し流されてはいけません。真実は自分で見つけ出すものです。

なぜ、京都市バスは乗客数が増加しているのに、経常損益が赤字になるのか?1

f:id:ilnyc:20210328162004j:plain

 

儲からない路線を民間の路線バス会社へ運行委託しても撤退するのは当然です。これまでのブログにも書きましたが、民間企業は赤字経営をしているとおおよそ三年程で倒産します。民間バス会社は京都市バスの赤字路線を委託されても、利益計算すれば結果が明らかなことぐらい最初からわかっているはずです。それでも京都市交通局から委託料(売上補填)をもらえるので受託したのです。しかし、基本的に路線バスの売上金は、運賃×乗車人数の旅客収入です。そこから人件費、車両経費やガソリン代などの固定費を引けば、赤字か黒字かはすぐわかります。京都市交通局の市バス事業の原価率は、ほぼ90%以上です。つまり、ほとんどが人件費と経費の固定費なのです。利益はほんの少しです。

 

京都市交通局はドル箱路線を市営バスで運行し、儲からない路線(赤字路線)を民間バス会社に委託する方法で運営していますが、これでは最初から無理があります。民間企業と公営企業(=役所)では、資金調達の方法に明らかな違いがあるからです。民間企業は「親方日の丸」ではありません。政府が発行した国債日本銀行などに買い取られ、その代金が地方自治体にバラまかれるという資金の流れ(地方交付金)は民間企業(株式会社)にはありません。さらに地方債という地方公共団体が発行する公債(国債と同様に市民からの借金)も民間企業にはありません。民間企業にとって、赤字経営を続けていると資金調達先の銀行などからお金を借りられなくなるのです。貸し渋りにあうのです。つまり、運転手の給与やガソリン代、車両リース代金などが支払えなくなるのです。大企業のように増資などにより、株を発行して直接、市場から資金をかき集めることは中小企業では無理です。銀行からの融資(借金)が唯一の資金調達方法です。

 

市バスの運転手の平均給与が47万円で民間バス会社の運転手の平均月給が45万円と記事にありますが、こんなに民間バス会社の運転手の給料は多くありません。市営バスの運転手は地方公務員です。つまり、その給与は市民から徴収された税金も含まれるわけです。時間外労働や賞与がきっちりと支給されるので、おそらく年収にすると700万から800万円ぐらいになります。しかし、運転手にこれだけの高額な給与を支払っていると、民間バス会社はどこもすぐに潰れます。運転手の給料は、すなわちコスト(原価)なのです。運転手のコストを削減しないと会社は利益が出ません。だから、会社(役所でも)はボーナスや退職金が要らない非正規社員を増やすのです。市バスの民間バス会社への運行委託は、ある意味で人材派遣労働と同じなのです。つまり、ロボットです。

 

以前「蘆山寺通」で道路補修工事が行われていた時に、交通整理をしている警備員の方に市バスの運転手が「市バス止めたらあかんで!」とマイクで言い放った時には、驚きと同時に怒りがこみ上がってきました。市バスは緊急車両でもないのに、この運転手は自分を何様だと思っているのでしょうか?これは明らかに市バスの運転手は公務員だから、お前らより偉いと言っているのです。上から目線です。同じ人間として情けなく思いました。日本人は社会的地位を身分と勘違いしています。なぜ、同じ人間なのに身分(階層)があり、それにこだわる日本社会と日本人がいまだにいるのか不思議です。

 

現在も日本は「士農工商」という封建(身分)社会が続いているのでしょうか。明治の戸籍には士族(元武士)とか華族(公家出身の貴族)とか身分が記入されていたのです。その身分に異常に執着していた年代の日本人がいたわけです。それは形を変えて、このように今も残っています。

 

話を戻し、京都市交通局の市バス事業が完全に民営化(株式会社)すれば、民間バス会社の資金繰りがいかに大変かわかるはずです。税金の無駄遣いがいかに良くない事かわかるはずです。身分職のような公務員待遇の京都市バスの運転手や交通局の一般職員と同じような高額給与を民間バス会社は支給できません。民間のバス会社だけでなく、タクシー会社や運送会社の運転手がどれだけ安い給料で働いているのか、どれだけ無給労働サービス残業、タダ働き)を強いられているのか、もっとよく調査するべきです。従業員千人以上の大手民間バス会社だけを対象にせず、従業員が三百人以下の中小の民間バス会社も含めて分析すれば、実態がよくわかるはずです。ちなみに、米国の国内線の旅客機パイロットの年収は300万円程度です。日本の航空会社のパイロットの年収は2000万円と高過ぎるのです。だから、航空運賃が高かったのです。

  

運転手とは、老若男女、誰が運転しても生産性が同じ「同一労働・同一賃金」の仕事なのです。このことを理解しないと市バスは経常黒字化はできません。コロナ禍で、どれだけ世界中のタクシー運転手やバス運転手が解雇されたことでしょう。身分保障された日本の公務員ドライバーにはわからないと思います。まして、京都市や交通局の一般職員は想像もつかないと思います。昔から民間企業、特に中小企業で働く従業員がどれだけタダ働き(半強制的なサービス残業)を強いられていることか!劣悪な労働条件で働かされている市民の事など、全く知らない役人(身分職)は大勢います。だから、元公務員は民間企業では続かないのです。あまりにも待遇が悪いからです。逆に言えば、公務員は民間企業では使い物にならないのです。

 

日本の公務員はすべて、自らを特別扱いしている限り、この国は良くなりません。役人は、同じ人間である国民を人間だとは思っていないと思います。市民を見下しバカにして税金を納める家畜(国民)だと思っています。市民を市民として見ていないのです。その証拠に特定の道路に路線バス、つまり市バスを集中的に通行させても何とも思わないのです。沿線住民の苦しみなど微塵も感じていません。ヤリタイ放題です。京都市交通局おそろしい役所です。ひとは公務員になると、市民を人間とは思わなくなるです。だから、市バスの運転手までもが、警備員に向かって「市バスを止めたらあかんで!」とマイクで言うのです。